「invisible manners」のインタビュー公開

ヒプマイ最年長の「天谷奴零(あまやど・れい)」は詐欺師ということもあり、サウンドでも怪しい雰囲気を出してみました。実は当初のオーダーでは、新ディビジョンの登場順はオオサカ→ナゴヤという予定だったんです。ただこの天谷奴零のパートにかなりのラスボス感が出てしまったので、彼で締めたほうが楽曲の流れ的に美しいんじゃないかとご相談して、ナゴヤ→オオサカの順番に変えてもらったんです。


詳しくはこちら


出展:「ヒプノシスマイク」オオサカ・ナゴヤの登場は「ド派手に」 作家が語るサウンド制作秘話 | ORICON NEWS


公式ツイート



「invisible manners」とは?

invisible manners(インビジブル・マナーズ)は、作詞家、作曲家、編曲家の平山大介が主宰する2人組の音楽作家ユニット。
都内で音楽活動していた平山がinvisible manners名義で数々のアルバムを発表。
のちに福山整を迎え音楽作家ユニットへと形を変え、様々なアーティストへの楽曲提供をはじめ、テレビや映画の音楽制作に携わり現在に至る。
黒人音楽をベースにしながらもジャンルに囚われない多彩なアレンジと唯一無二のメロディセンスで様々な楽曲制作を手掛ける。


提供作品

ヒプノシスマイク Division All Stars
「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」(作詞・作曲・編曲)
「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」(作詞・作曲・編曲)
「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-」(作詞・作曲・編曲)
「Hoodstar」(作詞・作曲・編曲)
「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-+」(作詞・作曲・編曲)


詳しくはこちら


出展:invisible manners - Wikipedia


Twitterの反応



plusの順番がナゴヤ→オオサカなのはそういうことだったのか!RT


14が14番目だったのは偶然だったのか~~


あ〜〜〜こういう話が一番染みるぜ〜〜〜〜〜〜


ヒプ関係者がヒプファン達に「ラップ初心者だから」「知らないと思うから」と手を抜かずに新しいものとか難しいものを「こんなのどう?」ってバンバン取り入れてくれるのってすごく嬉しい。どんどんチャレンジして楽しく作って欲しいし、どんどんそれに答えられるようこっちも知識を勉強したい。


「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-+」MV